私の中のオードリ・ヘップバーン

090312_163001

090316_132502  090316_132501

 

私が高校生だったころ観た映画に『風と共に去りぬ』とか『ロミオとジュリエット』がある。その映画と共に女優でもある ビビアンリー、オリビアハッセーに憧れ、何回ともなく観た記憶が鮮明に思い出される。

しかしその映画よりも もっと衝撃的でもあり、刺激的だったものにオードリーヘップバーンの『ローマの休日』『麗しのサブリナ』が私の頭の中に焼きついている。

このオードリーヘップバーンは上品で気品高く、そのくせ あどけない可愛らしさがあり、清楚でキュートでシンプルだし、エレガント。本当にどの言葉にも当てはまる女優さんだと思う。

そして洗練された美しさの影に哀愁を感じさせる品格も備わり、個性的で魅力的、それに知性的、明らかに 本物にしか与えられない、圧倒的な力を感じるのは私だけではない様に思う。

彼女は大女優と言われても謙虚さを失わなかったとも言われている。
それにあの素敵な笑顔こそが年代を問わず生涯の女優スターとして現在でもファンを魅了させているのも間違いないことだ。

その日をだいじにすることで 幸せと喜びをこの身体で感じる。
感動がないところには 美はないと彼女は言い切る。

オードリーヘップバーンが残した言葉

・美しい唇のためには 親切な言葉を話すこと。
・美しい目のためには 他人の美点を探すこと。
・スリムな体のためには お腹をすかせた人々に食べ物を分け与えること。
年をとれば君は二本の手を持っていることに気づくでしょう
自分自身を助ける手
そして
他人を助ける手を持っていることを・・・。

ラ・リベルテ 見山由美子





2 comments

  1. スーパー秘書真弓 says:

    由美子さん

    私も若い頃は勉強もせず映画ばかり観ていました。
    あの頃はいい映画が多かったですね、「草原の輝き」のナタリーウッドが好きでした
    もちろんオードリーもビビアンも、美しい人はみな憧れました
    映画や芝居、ミュージカル、宝塚・・・・美しいものや、華やかなものが、子供のころから好きでした。それが今のシャンソンに繋がったのかしら?
    外見でなく、内面こそ美しい人になりたいものです・・・が、日暮れて道遠し???
    最近、私は自分のことだけで精一杯で、他の人のために何かする余裕がありません
    でも、心に余裕をもって、思いやりのある人になれるよう心がけねば・・と思いました。

  2. ラ・リベルテ says:

    メールありがとうごさいます。  そうですねーなかなか思うようにはいきませんけど、外見も内面もその人の姿勢に表れますし、隠そうと思っても顔にも出てしまいますものね
    でも貴女は大丈夫ですよ!ちゃんと余裕をもって皆さんに接していますし、それにいつもお顔が穏やかで感じがいいですから、今まで通りでいいと思います。
    しかし、心に余裕をもち、他人様に思いやりをもたれる人は、必ず自分にもいい思いが返ってくると私は信じています。
    お互いにいい思いが出来ると嬉しいですねー。

コメントを残す